なすおやじ


下北沢カレーの紹介
by 3qkccgvqgj
プロフィールを見る
画像一覧

ニューハーフ3人、不法入国し日本人男性と結婚(スポーツ報知)

 福岡県警は16日までに、性別適合(性転換)手術や豊胸手術などを受け、女性名義のパスポートで不法入国したとして、入管難民法違反の疑いで福岡市博多区に住むフィリピン人の男3人を逮捕した。全員が日本人男性と結婚していた。告発した福岡入国管理局によると、3人は一見して女性と見間違えるほどの“美人”。「女になって日本でずっと働きたかった」と容疑を認めているという。

 福岡入管によると、3人の逮捕容疑はフィリピンのブローカーに手数料を支払って他人名義のパスポートを入手し、不法に入国した疑い。日本人の夫のうち1人も入管難民法違反ほう助の疑いで逮捕されており、残る2人の夫についても現在、調査中だという。

 3人の“妻”は以前、福岡県内の複数のニューハーフパブでダンサーとして働いていた際、後に“夫”となる日本人の男性客と知り合い、他の女性名義のパスポートで再入国し婚姻届を提出。日本人配偶者などの在留資格を得ていた。同資格を不正に得る手口として偽装結婚があるが、今回のケースはこれには該当せず、実際は男同士のため婚姻自体が無効となる。

 3人はそれぞれ30、43、44歳。タイなどで性転換手術を受け(うち1人は豊胸手術のみ)、日本に不法入国。今回取り調べられる直前まで、博多区内の同じパブで働いていた。3人を実際に見た担当者は「いずれも年齢より若く見えて、美人だった。街ですれ違ったら、たいていの男性が『おっ、かわいいな』と振り向くと思う」と話した。

 同入管によると、今年1月1日時点の不法滞在者は全国で約9万2000人。うち約1万3000人がフィリピン国籍で、観光や留学などの名目で入国し、15日から1年の滞在期間が過ぎても帰国していない。同国は経済成長の途上にあり、きょうだいのうちの女子がダンサーなどで日本に出稼ぎに来ることも多い。男兄弟ばかりの場合、一番かわいらしい男子を女装させて送り込むこともあるという。

 同入管によると、今回のように、女性になりすまして結婚したケースは福岡では初めて。3人は今後、日本の裁判にかけられ、最終的には母国へ強制送還となる。日本で“女の幸せ”をつかもうとした3人は「日本にずっといたかったが、バレてしまった以上、早くフィリピンに帰りたい」などと話しているという。

橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)
<ネット違法情報>削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
G8財務相会合、見送りへ=G20の存在感強まる(時事通信)
<マンホール事故>酸欠か 作業員2人死亡 埼玉・日高(毎日新聞)
<名誉棄損訴訟>大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁(毎日新聞)
[PR]
# by 3qkccgvqgj | 2010-03-19 22:26

<シラスウナギ>密漁容疑で県臨時職員らを逮捕 高知(毎日新聞)

 シラスウナギを密漁したとして、県漁業管理課は12日、高知市長浜、無職、森岡真一(63)と同、県臨時職員、前田亮(31)の両容疑者を県内水面漁業調整規則違反容疑で逮捕した。同課は常習的に密漁をしていたとみて、余罪を追及する。

 逮捕容疑は、両容疑者は共謀して昨年12月17日未明、高知市春野町の甲殿川で、知事の許可を受けずに網を設置し、シラスウナギ125グラムを捕ったとされる。同課によると、森岡容疑者は捕獲したことは認めているが、共謀に関しては否認。前田容疑者は「何を手伝うかは聞いていなかった」と否認している。

 県人事課などによると、前田容疑者は昨年10月から県高知土木事務所に勤め、道路管理課で道路のパトロールや補修作業に従事。森岡容疑者の前妻のおいに当たるという。恩田馨・県総務部長は「誠に申し訳ない。今後は事実関係を確認した上で対処したい」との談話を発表した。

 シラスウナギは希少な養鰻用の稚魚。特別採捕許可を得て、12月1日〜3月5日に限り捕ることができるが、今シーズンは不漁が続き、期間終盤の1キロ当たりの取引価格は、前年の約10万円から約65万円に跳ね上がっていたという。【服部陽】

<トキ>襲撃対応を急きょ追加指示 首相(毎日新聞)
<佐賀城>半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)
JR羽越線で停車駅通過=次駅に停車後気付く−新潟(時事通信)
<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)
<東京消防庁>地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
[PR]
# by 3qkccgvqgj | 2010-03-18 15:48

第3極狙う「邦夫新党」、同調の動き不透明(読売新聞)

 鳩山邦夫・元総務相が自民党を離党し、新党に向けて踏み出した。

 民主、自民両党に不満を持つ有権者の受け皿を目指すが、課題は少なくない。

 ◆坂本龍馬になる◆

 「縁の下の力持ちでいい。できるだけいいメンバーを引きつけることができる坂本龍馬のような接着剤的なことができたら本望だ」

 鳩山氏は15日夜、幕末に「薩長同盟」を実現させた坂本龍馬になぞらえ、新たな政治勢力結集にかける意気込みを語った。

 邦夫新党の狙いは、自民党でも民主党でもない第3極の政治勢力の結集だ。

 鳩山内閣の支持率は下降する一方、自民党も低迷を脱せず、そういう中で政界には閉塞(へいそく)感が高まっている。みんなの党が支持を集めつつあるのも、民主党批判層の受け皿になっているためで、邦夫氏が視線を送るのもこの層だ。

 ただ、邦夫氏に誤算もあった。当初は与謝野氏らと離党する青写真を描いていたが、前日の民放番組で、新党結成の時期まで踏み込んだことで、1人で離党せざるをえなくなった。邦夫氏は離党届を提出する前に、与謝野氏に電話で「テレビで新党の話をした。先に出る」と伝えた。

 邦夫氏は15日、政党助成法で定める政党要件を満たす国会議員5人の参加のメドは立っていると主張した。

 自民党内では、邦夫氏の秘書出身の岩屋毅、古川禎久両衆院議員のほか、田村憲久、河井克行両衆院議員らが、邦夫氏に近いとされている。しかし、今のところ、邦夫氏に同調すると明言した議員はいない。

 そのうちの一人は、「今、この瞬間に離党ということはない。ただ、まったく新しい自民党を作る必要はある」と述べた。岩屋氏は「(離党は)ない。来いと言われたこともない」と語った。党内では、「邦夫氏の離党は、見切り発車だ」との見方が出ている。

 ◆一定の信頼関係◆

 邦夫氏が党内の連携相手と考えているのは、与謝野馨・元財務相と、舛添要一・前厚生労働相だ。特に、与謝野氏とは密接に意見交換を重ねてきており、一定の信頼関係がある。

 与謝野氏に近い園田博之・元官房副長官はこの日、幹事長代理を辞任した後、記者団に「(新党の)第1段階として(辞任を)やったわけではない」と述べ、即座に離党する考えはないとした。

 一方、邦夫氏が繰り返し秋波を送っている舛添氏は慎重な態度を崩していない。

 舛添氏は15日、「鳩山氏であれ、だれであれ、時間の許す限り意見交換したい」としながらも、「今は予算委員会で体が空かない。何も具体的な話はない」と述べた。舛添氏は、党内にとどまってポスト谷垣に就く選択肢と、新党結成との両にらみの戦略と見られる。自民党の中堅・若手には、「舛添人気」への期待も強い。舛添氏は周辺に「もう少し状況を見極める」と漏らしている。

 消費税率引き上げも含めた財政再建に力点を置く与謝野氏と、成長戦略を重視する舛添氏とは経済政策を巡る考えが一致していない。邦夫氏は与謝野、舛添両氏の仲を取り持ちたい考えだが、成否は不透明だ。

 邦夫氏は、無所属グループを率いる平沼赳夫・元経済産業相らとの連携も模索すると見られる。平沼氏は15日夜、記者団に「新しい保守の政党を作らなければいけない、と思っているから可能性としては(連携を)否定はしない」と話した。

 ◆資金提供の影◆

 邦夫氏の新党に不透明感がぬぐえないのは、兄の鳩山首相とともに母から巨額の資金提供を受けていた問題が党内に影を落としているからだ。

 若手議員の一人は「首相への資金提供を脱税だと追及しているのに、同じ問題を抱える邦夫氏についていけるわけがない」と述べた。邦夫氏は政界有数の資産家として知られるが、閣僚経験者の一人も「鳩山マネーをあてにして、ついていく人がどれだけいるのか」と冷ややかに語った。

【大阪万博40年 熱狂が残したもの】(中)未来つなぐ「太陽の子供」(産経新聞)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)
<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
アクチュエイトジャパン、BIRTレポート閲覧用iPhoneアプリを公開
[PR]
# by 3qkccgvqgj | 2010-03-17 00:11

奈良男児餓死 祖父母にうそ面会させず 「長男、夫と遊びに」(産経新聞)

 奈良県桜井市の男児餓死事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたパート従業員、吉田眞朱容疑者(26)が、死亡した長男の智樹ちゃん(5)の祖父母にあたる自らの両親が自宅を訪れた際に、「(智樹ちゃんは)夫と一緒にどこかに遊びに行っている」などとうそをついて智樹ちゃんと会わせず、自宅にも入れなかったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、眞朱容疑者は「3年前から夫婦仲が険悪になり、顔が夫と似ている長男が憎らしくなった」と供述。このころから顔面をこぶしや平手でたたいたり、つねったりするようになったと認めており、県警は眞朱容疑者が虐待の発覚を恐れ、祖父母と会わせなかった可能性があるとみている。

 眞朱容疑者と夫で会社員の博容疑者(35)=同容疑で逮捕=は約7年前に結婚。長女(3)が生まれたころに博容疑者の借金が発覚し、次第に夫婦関係が悪化したという。

 眞朱容疑者の実家近くに住む主婦(35)によると、眞朱容疑者は毎週のように実家に帰ってきていたが、いつも長女と2人だけで、智樹ちゃんは見かけたことがなかった。主婦が智樹ちゃんについて尋ねると、「だんなの仕事が休みで見てくれている」と話したという。

 奈良県警は同日、両容疑者を奈良地検に送検した。

【関連記事】
埼玉、奈良で虐待死相次ぐ ニッポンの処方箋は
奈良の男児餓死で「不仲の夫と似ている長男が憎らしく…」母親供述
餓死の5歳児、1日1食のみ 体重6キロで健診も受けず
「毎日泣き声…奥さん怒鳴ってた」 警鐘伝わらず 埼玉の男児衰弱死
届かぬ児童のSOS 奈良、埼玉…相次ぐ児童虐待事件 

教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分−東京(時事通信)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
[PR]
# by 3qkccgvqgj | 2010-03-12 18:08

福井・もんじゅ企業、敦賀市長のパーティー券計222万円購入(産経新聞)

 ナトリウム漏れ事故で停止中の高速増殖炉「もんじゅ」がある福井県敦賀市の河瀬一治市長(58)が、事業者の日本原子力研究開発機構の協力会社2社から、平成20年までの5年間にパーティー券計222万円の購入を受けていたことが、3日分かった。

 原子力機構はもんじゅの今月末までの運転再開に向け、県と敦賀市に安全協定に基づいて事前協議願を提出しており、了承するかどうかの判断が注目されている。

 2社は、原子力機構の高速増殖炉「もんじゅ」(同市白木)の保守管理業務などを受注している「高速炉技術サービス」と「TAS」(いずれも敦賀市)。

 市長の資金管理団体「グローバルビジョン」の政治資金収支報告書によると、平成16年から3回にわたり開催された市長の政治資金パーティーで、2社がパーティー券計222万円を購入していた。

【関連記事】
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード
入札直前に胆沢ダム談合情報 国交相が明かす
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合
鳩山首相、贈与税は9億円? 元秘書2人在宅などで起訴
橋下知事、叔父のパーティー券購入に「問題ない」 共産府議が批判
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
北教組事件 文科相「特例法見直し、慎重に検討」(産経新聞)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」?(J-CASTニュース)
[PR]
# by 3qkccgvqgj | 2010-03-10 23:12

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

松田岩夫 青柳
from 旬のキーワードを先取り!トレ..

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧